< 指導方針-KASUMIピアノ教室|知立市にあるピアノ教室

教室紹介

愛知県知立市・名鉄知立駅南改札口から徒歩5分にあるピアノ教室です、お車でお越しの場合は駐車場がございます。

保安上の配慮により詳しい住所は記載してございません、御興味を持たれましたら生徒募集のページに記載のメールアドレス宛てお気軽にお問い合わせください。

指導方針

演奏技術の向上はもちろん、豊かな感性を育む指導を行なっています

豊かな音楽感性を育むために五感を使った学習法を取り入れています

カードやいろいろな楽器を使い演奏をしたり歌ったりすることでリズム感を養い

音楽の基礎となるソルフェージュ力を身に付けてゆきます。

  

又、ピアノを弾くための脱力を心がけ、手の形、指の使い方等の指導を行なうことで

きれいな音色による豊かな表現力を身に付けることが出来るよう指導を行ないます。

保育士さんを目指している学生さんや、現役の保育士さんへの指導も承っております。

ソーラーパネル試作品
教室で使用する教材の一部

講師プロフィール

ピアノ写真      名古屋芸術大学卒業
  長野県にて中学校音楽教員
    カワイ講師グレード取得
    ヤマハ13~11級試験官認定
    かわさきしめい音符ビッツ認定講師
    どれみ先生認定講師

ブログ

・小林 修さんのコンサートを聴く機会に恵まれました。フィンランドの作曲家の曲は素朴だけど暖かみがあり体にすっと入ってきて、とても癒されました。

・杉浦先生の「バッハインヴェンションこころの旅」という講座に参加しました、インヴェンションと言うと難しいとか面白味がないとか思われがちですが インヴェンションだけでなくバッハの曲はどれも心のよりどころとなり勇気を与えてくれます、これからもバッハを勉強し続けたいと思いを新たにしました。(1/16)

・チェロとピアノのコンサートへ行ってきました、二つの音色がきれいに溶け合いとても心地良い演奏でした。チェロ奏者との距離が近かったので息づかいまで 伝わってきて一緒に旋律を奏でているような気持ちになれました。(2/6)

・丸子先生の講座を受講しました、タイトルは「譜読みの基本を身につけるレッスン」でしたが読譜は覚えても忘れることが多いので繰り返し学習することが大事だと改めて思いました。(2/16)

・数々の感動的なドラマが生まれた平昌オリンピックが終わってしまいました、アスリートたちは決して諦めないことの大切さを私たちの心に残してくれました、スポーツに限らずすべてのことに  共通することですね。明日からは三月、私自身もがんばって演奏技術の研鑽に励んで参ります。(2/28)

・先日友人の発表会を聴きに行ってきました、ソロ、連弾だけでなく歌あり楽器ありのとても楽しい発表会でした、私も8月の発表会に向けて色々工夫していきたいと思いました。(3/23)

・霜浦さんと向田さんの「連弾で贈る舞曲の調べ」のコンサートがありました、霜浦さんの繊細な響きと向田さんのダイナミックな弾き方が上手く融合して聴き応えのあるコンサートでした。(4/20)

・生まれたての赤ちゃんの神経細胞の回路はまだ開かれていないが外から刺激豊かな環境を与えることで開かれてゆくことを音符ビッツの講座で学びました。指導者も3つの条件として「大きく」「楽しく」「繰り返す」  ということを頭に入れながら指導してゆくことが大切であると改めて思いました、また音符ビッツのカードは視覚の発達にも有効であるということも再認識しました。(4/28)

・ピアノの調律をしてもらいました、調律したらすごく音が瑞々しくなって弾きたい気持ちが高まりました。(5/12)

・発表会まであと2ヶ月となりました、生徒の皆さんの演奏も大分仕上がってきましたが最後まで気を抜かずがんばりましょう。

・ピティナステップに生徒さんが参加しました、ちゃんと弾けるかどきどきでしたがきれいに弾けて見事に合格しました。今後はメロディーだけでなく左手も和音の変化を感じ、歌うように弾けるようになると良いなあと言う課題も見つかりました。(6/20)

・発表会まで後1ヶ月となりました、これからますます暑くなるので夏バテしたりしないよう体調管理に気をつけてその日を迎えましょう。

・先日オペラトゥ-ランドットを聴く機会に恵まれました、トゥ-ランドットと言えば荒川静香のフィギュアで流れる有名な部分しか知りませんでしたが、物語全体の内容を良く知ることが出来、ソリストにオ-ケストラの方達の演奏が素晴らしく 、とても心に残るコンサートでした。(7/17)

・先日チェロとピアノのコンサートを聴きに行ってきました、コンサート後のチェロ奏者がチェロを習っている方にレクチャーしていまいたが少しアドバイスするだけで音色がどんどん変わってゆくので演奏だけでなく教え方も素晴らしいと思いました。(8/18)

・バスティンから新しくオールインワンという楽譜が出ました、「読む書くを1冊で」と言うだけあってとても内容が充実しています。鍵盤の仕組みを知ったり、読譜、楽典等も身に付け、初めからきれいな手指で弾くことも出来ていい教材だなあと 思いました。フォームを良くするグッズなどもあり楽しくレッスンできそうです。(9/22)

・バレエ音楽と聞いてまず最初に思い浮かぶのは「白鳥の湖」「くるみ割り人形」ですね。作曲者はチャイコフスキー、今日は彼の没後125年目の命日です。死後国葬が行なわれ亡骸は今もサンクトペテルブルグで眠っています。

・三年に一度の浜松国際ピアノコンクールも先月熾烈な戦いの幕を閉じました。私は予選を聴きに行きましたが残念ながらその方達は予選通過とはなりませんでした。でも、どの方も素晴らしい技術を持ち甲乙付け難い演奏ばかりでしたが  最終的には作曲者の意図するところをきちんと読み取りその上でその人の人となりをきちんと表現できる人が勝ち抜いて行くのだと思いました。心の琴線に触れ涙が自然とあふれてくるような演奏に出会えたら素晴らしいですね。

・ニューイヤーコンサートへ行ってきました。コンサートホールは良く響き、出演者も名フィルの指揮者が田中祐子さん、オペラ歌手、バイオリン、そして雅楽の東儀さんという豪華な顔ぶれで楽曲のラインナップもとても良かったです。東儀さんによると雅楽で使われる   笙はパイプオルガン、ひちりきはオーボエの原型と言われているそうです、なるほど洋楽器とも良く合うわけですね。三時間近い演奏でしたがなにか異次元の空間に入り込んだようであっという間に過ぎてしまいました。今年一年のスタート   に向けて素敵なパワーを頂けた素晴らしいコンサートでした。

・フォルマシオンミュージカルという講座を受講しました、フォルマシオンとはフランスで行なわれている新しいソルフェージュのことです。テキストの序文にはフォルマシオンは音楽と人との出会い、そして学びを共有できる開かれた場の授業   と書かれています。フランスでは7歳までは楽器の使用はせず、それまでにソルフェージュで音楽全体の基礎を作るそうです。また7歳を過ぎてからもフォルマシオンは必須と文科省で決めているとのこと、そのくらいソルフェージュは大切なもの   なんですね。

・「知れば聴こえる 知れば弾ける フランス組曲で学ぶバッハの歌」という講座に参加しました。フランス組曲はピアノで弾いたことしかなかったのですが、バイオリン奏者の演奏も織り交ぜると曲がさらに生き生きとし躍動感が感じられ   とても心地よかったです。メロディーがどこに隠されているかも良くわかりました。ピアノとバイオリンを生で聴けてとても幸せな気持ちになりました。 

・クリスマスももうすぐ、今月からレッスン内にクリスマスにちなんだ曲を取り入れるようにしました、歌や鈴、ハンドベル等を用い少しでもクリスマスの雰囲気を味わえる内容としました。

・先日グレンツェンのコンクール本選が名古屋で開催されました、当教室の生徒さんが見事金賞を受賞されました、生徒さんの地道な努力が報われた瞬間でした。次の地区大会に向けて生徒さんと共に頑張ろうと思いを新たにしました。

・今年のニューイヤーコンサート(名古屋)はオーケストラに歌、ピアノ、バイオリンそしてバレエと、観たり聴いたりの豪華なコンサートでした。錦織健さんの響きのあるテノール、藤田真央さんが自由自在に弾くピアノの音色はとても繊細かつ ダイナミックで心を打たれました。加羽沢美濃さんが絵画などを観ることで作曲のインスピレーションを得るという事もとても興味深いお話でした。(1/4)

・新型コロナウィルスが蔓延し、最近では自分も含めてコロナ疲れの人たちも多いと思います。ふと目にとまった坂本龍一さんの言葉が心にしみました「この新型コロナウィルスが収束して先、ポストパンデミックの世界、この世界がどのように   なるか、パンデミックの前と後では僕達の考え方、経済のあり方、文化のあり方が大きく変わるような気がしている。願わくば行き過ぎたグロバリゼーションとか金融資本主義が少しずつスローダウンしてもっとゆとりのある、自分達も自然の   一部だということを感じられるような緩やかな世界になることを願っています」この言葉に深く共感し本当にこのような世界になってほしいと願わざるを得ませんでした。

・コロナによる緊急事態宣言が解除されてすこしずつ社会も動き出しましたが、それによりまた感染者が増えてゆく事が懸念されています。音楽教室のレッスンは教室での対面で行うのが望ましいのですが音楽教室の場合「密」を完全に避けられ ないのが現状です。安全なレッスンとなると今のところインターネットによるウェブレッスンになるのではないでしょうか。ウェブレッスンには賛否が有るようですがメリットとして、意外に画面越しの場合普段より集中できる、レッスンに通う 時間が省かれる、天候を気にしなくてよい、教室での感染リスクを避けられるので安心してレッスンを受けられる等が挙げられます。また、デメリットとしては生の音が聴けない、音の追求(タッチ、音量、表現力等)をするのが難しい、通信 環境に左右されやすい、小さい生徒さんの場合親御さんの協力が必要になる場合がある等です。大切なことはどのような形であれレッスンの歩みを止めずにコツコツと継続してゆくことです。先生がそばに居て直接的に指導できない分生徒さん が自分から楽譜を見たり、書き込みをしたりと自主性が育ってゆくという良い面も有ります。音楽教室にもコロナをめぐる社会情勢に応じて「新しい生活様式」が求められるとともに、ITを活用した新しい時代が訪れているのかもしれません。(5/31)

・当教室では新型コロナ感染者数の増加への対応と致しましてレッスン形式を対面レッスンからウェブレッスン(zoom)に切り替えました。生徒さんの安全を第一にと考えての判断でございます。対面レッスンでは生徒さんの生の音が聴けたり、ウェブ ならではのタイムラグがないので一緒に連弾ができたりと対面ならではの良さがありますが、ウェブレッスンにおいても対面レッスンにはない良さも有ります。例えば、講師が側にいないので生徒さんは講師の話す言葉を集中して聞いていますし、大事な ポイントは自分自身で教本に書き込みもします。指の動きを様々なアングルからクローズアップした映像で見ることが出来るので指使いの理解がスムーズになる、ウェブレッスンではお互いにマスクを着用する必要がないのでお互いの表情が分かり易く ストレスのないコミュニケーションが可能です。また低年齢の生徒さんほど講師に甘えてきたりしますがウェブレッスンではその傾向が低く、自らが能動的にレッスンに臨む姿勢が見られます。譜読みに関しても講師が側にいるとすぐに教えてしまいがち ですがウェブレッスンの場合は生徒さんが自ら読もうと努力しますし、譜面の中で気を付けるポイントも生徒さんが自ら譜面に書き込みをすることが多く自主性が育ってきていることを実感する機会が多くなりました。このような時期だからとレッスンを あきらめずに継続することにより得られる事も決して少なくはないと思います。ウェブレッスンというとどの様な機器が必要なのかパソコンの知識が必要なのではと躊躇してしまいがちですが、インターネット回線とスマホがあればとりあえずは始められ ます。最初は講師がウェブレッスンの始め方から協力いたしますのでお気軽にトライしてみてはいかがでしょうか。一刻も早く有効で安全なワクチンが日本で安定供給されるようになるのを祈るばかりです。(12/4)

・なかなか新型コロナの感染拡大に歯止めが利かず長期化しそうな今、安心してレッスンを受けることができるのがオンラインによるレッスンです。オンラインの場合ピアノの生音が聴けないというデメリットがありますが、レッスンを継続できるメリットはそれを 補って余りあると思います。オンラインに使用する機器の扱いが苦手という方も多いかと思いますがWi-Fi環境とスマホがあればとりあえず始めることができます、最初はオンラインのつなぎ方からお手伝いいたします、まずはトライしてはいかがでしょ うか。